<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
羊メレンゲ


f0060883_23242320.jpg

なんともいえないブサイクぐあい。
羊(ラム)だけにラム酒入りのメレンゲ・ラムラム。

なんだろう、憎めない。

近所の羊のお店にて


[PR]
by miyua-moi | 2008-04-26 23:33 | food/sweets
苺スコーン


f0060883_2391043.jpg

余っていたフリーズドライの苺を入れたスコーン。

というわけでf0060883_23221765.jpg
お菓子作り再開しました。(やっと)
オーブンが修理から戻ってきてはいたのですが、
精神的忙しさ、余裕のなさから
梱包を解かないまま、ずっと放置。

でも無性にレシピ本を読み漁りたくなり、何か焼きたくなり、やっとの再開です。
リハビリはやっぱりスコーンで。

しかし、お菓子に使うバターや生クリーム、牛乳、小麦粉etc...
値上げしてますねー。困る。。
[PR]
by miyua-moi | 2008-04-26 23:20 | cook
餃子



f0060883_2344550.jpg

餃子が好きです。

餃子って各家庭でいろんな工夫がなされる食べ物だと思いますが、いかがでしょう。

うちの餃子は
種に、多めの白菜(キャベツ)、ねぎ、にら、おろししょうが、
豚肉、オイスターソース、ごま油、
そして、鶏がらスープをゼラチンで固めたゼリーを砕いて入れます。
これをいれると口当たりがじゅわっと豊か。
ひき肉は最初に塩とごま油で粘り気がでるまでよくこねます。
厚めのもっちりした皮で包みます。

焼くときは、水溶き小麦粉を差し、パリパリの羽がつくような焼き上がり。
水餃子にするときは、ポン酢+ナンプラーのタレにつけて食べる。

ごはんにもビールにも合う。
なんてすばらしい、餃子。
[PR]
by miyua-moi | 2008-04-26 23:02 | cook
カンタベリー物語

f0060883_0511885.jpg

いやはや。

パゾリーニの映画はどれもそうなんだけれど、
いやはや…すごいものを観てしまった、という感想。
毎回、衝撃を受けます。

イタリアの映像詩人・ピエル・パオロ・パゾリーニによる、
中世イギリスの詩人・チョーサーの短編集の映画化。
パゾリーニ 艶笑三部作を初めて観ました。
2作目の「カンタベリー物語」。

ベルリン映画祭の金熊賞を獲っているので
勝手に格調高いものを想像していたのですが
まんまと裏切られました。

退廃的、だけど明るい開放的な性描写、、
というより、「くだらない下ネタ」という一言で片付けていいような内容で
ものすごくナンセンスでひどいものを観た気がするのに
後味は不思議と悪くないんです。
ところどころに、パッと惹かれる描写があったり
パゾリーニ独特の寓意要素が散りばめてあって、
なんだか妙に引きずってしまう。

チャップリンへのオマージュ的エピソード「料理人の話」が愛らしかったです。
チャップリンの娘、ジョゼフィン・チャップリンも出ています。
[PR]
by miyua-moi | 2008-04-25 00:54 | film
Nina Nastasia - Run to Ruin


f0060883_1172669.jpg




  □ ■listen



弦×弦というのがとてもツボ。

ヴィオラ、チェロ、マンドリンなどのストリングス。
繊細なきしみのアコースティックギター。
弦のみで奏でられるときの音の重なり合い、振動の重なり合いが素敵。
Nina Nastasiaの透明で冷めた歌声がうつくしい。

死の気配がありつつノスタルジック。
狂った生々しさがあるのにノスタルジック。

鬱蒼としたダークな牧歌です。

プロデュース・バイ・アルビニ。

とてもかっこいい作品。
[PR]
by miyua-moi | 2008-04-16 01:30 | music
ダージリン急行


f0060883_0244094.jpg


ウェス・アンダーソンのロードムービー、という点と、
ふと、シタールが聴けるかなと思って観てみた、「ダージリン急行」。


この映画は、あちこちに散りばめられたディテール...
(具体的には、列車、音楽、マーク・ジェイコブス、ナタリー・ポートマン、ビル・マーレイなど) 
と、そのディテールから垣間見れるウェス・アンダーソン持ち前の味を楽しむ映画でした。

次男役エイドリアン・ブロディがよくて、ずっと目で追ってしまった。


ただ、彼の映画は常に
(といっても、「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」しか観ていないんだけれど)、
「父なるもの」「家族」「喪失」「再生」
という (まあ私好みな)ものを描いてるのに
なんだか染みてこないんだよなあ。馴染んでこない。
インディペンデントのアメリカ映画にそういうのが多いかも。
(ゴーストワールドとかにも同じ印象を受けたし。)

でも楽しめましたよ。
マヌケで、サイケで、生々しくなくて、でも哀愁がある。温度もある。
だから憎めない。

不思議な印象の映画です。


帰りの空港での一言が印象深い。

  「この国の匂いが好きだ、スパイシー。」

いいなあインド。



+++

そして
TOKYO!メルド
カラックスの新作がやっと今年観られるのがうれしい。
[PR]
by miyua-moi | 2008-04-16 00:24 | film
パリみやげ


f0060883_22414385.jpg

サダハル アオキのチョコ。
かわええ...
こういうシャープな長方形は青木さんぽいなあと思う。

[PR]
by miyua-moi | 2008-04-04 22:42 | food/sweets
ピクルス


f0060883_22284972.jpg

今回の野菜は...
にんじん
セロリ
かぶ
紫たまねぎ
ヤングコーン
プラムトマト
パプリカ


■ □
[PR]
by miyua-moi | 2008-04-04 22:37 | 保存食友の会
おめでたう


f0060883_2224959.jpg

おたんぞうび おめでたう


■ □
[PR]
by miyua-moi | 2008-04-04 22:24 | cook