<   2007年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧
果実酒友の会 2007/06/27
未だ会員ひとり.

レモン酒
f0060883_936161.jpg
皮は2週間で取り除きました.
それでレモンピールを作ろうと思い、保存してあります.
リキュールの方もまだアルコール臭が少し不快ですが、でもすごくおいしくなりそうな予感.
実は次に作りたい果実酒もありまして.
レモンチェッロという、これまたレモンのお酒.
レモン好きです.


キウイ酒
f0060883_9364471.jpg
こっちは少し甘すぎたかもしれない.
あまーいキウイの匂い.
香りは間違いなくキウイなのですが、もう私の好きなあの頃のキウイじゃないわ.
キウイはフレッシュが一番かもね.
でも好みじゃないとはいえ、充分飲める感じ.



まだどちらも熟成させます.
そうそう、果実酒のおすそ分けは合法、というのもきちんと明確化されたようです.
やったやった.

●backnumber  +++
[PR]
by miyua-moi | 2007-06-27 09:54 | 保存食友の会
Screaming Masterpiece



f0060883_1573065.jpg
メモメモ。
おもしろそうな映画がやりますね。
bjorkやmúmも出るよ。
要チェク。

+++

「スクリーミング・マスターピース」
[PR]
by miyua-moi | 2007-06-24 01:21 | music
MV/EE with the bummer road - Green Blues


f0060883_19593512.jpg





   listen +++
幻想的お日様サイケデリア。

けだるい森林浴をしているような。
その途中で道に迷ってしまったような、ぼんやりした混沌。
臆病で甘いギターノイズが安心感を保っているのでしょうか、聴きやすい。
聞き手を拒まない。
迷ったっていいや、気持ちいいしここにいよう、と思わせるのです。
フルートの音ってやっぱり「森」を彷彿させるなあ。

MV/EE with the bummer road、前作はラーガ色濃いものだったそう。
「ラーガ」って何?初めて耳にしました。
インド音楽の音楽理論で、音の高低で曲調を決めるものらしい。
へーーー!…何それ。
実際聴かないと、まるでピンとこないな。
[PR]
by miyua-moi | 2007-06-22 20:02 | music
ランボー詩集
L'eternité

Elle est retrouvée.
Quoi? - L'Eterniteé.
C'est la mer alleée
Avec le soleil.


「永遠」
見つかった。 何が? 永遠が
海に融け込む太陽が。              ゴダール「気狂いピエロ」の一節・対訳


f0060883_1944337.jpg
本の趣味が合う人って、なかなかいないものですね。

そう思っていたら、とても近くにいたのです。自分と同じ本ばかりを読んでいる人が。
その人とはランボーについていろいろ話しました。
久しぶりに私が再びランボーを読むことになるのです。

アルチュールランボー。

彼は、「間」で読ませる詩人だなあ、と思うのです。
それは中原中也もしかり。
文章の「間」の中にある空気が人を惹きつけるのかなあ。

ランボーの詩にあるのは、激しさ、可憐さ、鮮やかさ、
渇き、求め、疾走感、退廃、揺さぶり、眩しさ、焼けるような褐色、はかなさ。

色でいうと、真っ暗(黒)から始まり、視界が慣れてよく目を懲らすと実は真っ赤で、
それをずっと凝視していたら眩しすぎて、光を帯びて真っ白になる。
それがランボーの色覚イメージ。

読み直して新たに感ずることがありました。
少しの恥じらいがあったこと。よく青春もののドラマを見ると、
むずむずしてこそばゆくなるじゃないですか。そんな感覚。
…つまり年老いたということだ。。嗚呼。

いろいろな人が翻訳をやっているけど、
私は小林秀雄訳で入り、堀口大学訳で憧れ、落ち着きました。
でも最近、粟津則雄訳もいい気がします。
意外とピタリと来る表現があります。
「永遠」の“太陽にとろけた 海”というのもそのひとつ。

ランボーの手紙というのも興味深いらしい。読んでみたいです。
[PR]
by miyua-moi | 2007-06-22 19:54 | book
赤ワインと林檎の煮汁ジャム



f0060883_0312931.jpg
林檎のコンポートを赤ワインで煮たときの煮汁にさらに砂糖と赤ワインを加えて煮込む.
すると林檎やレモンのペクチンのせいか、ゼリー状になります.
煮汁ジャムのできあがり.

余談ですが、こないだ
ブルゴーニュのワイナリーに取材に行った人から
市場にはでていない、赤ワインのコンフィチュール(ジャム)というのをいただきました.
それがとってもおいしかった.
パンに塗るのももったいない、贅沢な味.
スプーンでそのまま食べました.
すっっごく濃縮されたワインゼリー(しかもすごくおいしいワインで)のようでした.
チーズに付けたりするのもいいかもしれない.
またくださらないかしら.
[PR]
by miyua-moi | 2007-06-19 11:20 | 保存食友の会
アジサイ


f0060883_23133699.jpg

大家さんがあ~(さんがあ~)
玄関先に~(きに~)
たくさんのアジサイを~(さいをさいを~)
飾っていったよ~(いったよう~うぉう うぉう)

 <『犬愛唱歌集(詳細不明)』 風>

[PR]
by miyua-moi | 2007-06-16 23:33 | plants
林檎とシナモンのチーズケーキ


f0060883_11302068.jpg

ドライフルーツとグラノーラの入ったシナモン風味のビスケット生地に
林檎と赤ワインのコンポートを敷き、チーズケーキに。

林檎とシナモン。
ベストカポー。
[PR]
by miyua-moi | 2007-06-15 11:33 | cook
さわやか梅通信 2007/06/15
梅シロップ

f0060883_11381657.jpg
完成を迎えました。
左から、氷砂糖100%、氷砂糖:三温糖1:1、氷砂糖:三温糖1:3

f0060883_11403029.jpg
味はですね。
氷砂糖100% → 酸味が強い。さわやかな甘み。
氷砂糖:三温糖1:1 → こくもありマイルド。
氷砂糖:三温糖1:3 → こっくりまろやか。甘みが強い。味に重みもあり。

まあ好みは別れるでしょうが、私のお気に入りは一番透き通ったやつ。

で、梅の実はどうなったのかというと。

▼▼▼
[PR]
by miyua-moi | 2007-06-15 11:19 | 保存食友の会
笹だんご と 三角ちまき



f0060883_14594124.jpg
新潟の祖母から、名産の笹だんごと三角ちまきが届きました.
端午の節句の慣わし.
そう、新潟はこういった行事の暦がいまだ1月遅れなのです.
手作り.
笹だんごの中は、よもぎ餅とあんこです.
ちまきは、うるち米のおにぎりのようになっているので、
きな粉やわさび醤油でいただくのです.
なつかしく、おいしい.
[PR]
by miyua-moi | 2007-06-11 10:57 | food/sweets
ペンネ・アラビアータ


f0060883_1155171.jpg

茄子とモッツァレラのアラビアータ.
揚げ茄子は、実は揚げ茄子ではないのです.
オリーブオイルを絡めた茄子をオーブンで焼いただけ.
こっちのが香ばしくていいかも.
[PR]
by miyua-moi | 2007-06-11 10:41 | cook