人気ブログランキング |
<   2006年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ロータス カラメルビスケット
‥止まらない。
ロータスが止まらない。f0060883_10225335.jpg
カラメルビスケットが止まらない。
f0060883_10235911.jpg


by miyua-moi | 2006-06-30 10:25 | food/sweets
さわやか梅通信 (2006.06.26)
梅酒を観察。
1日目
f0060883_3592382.jpg

3日目
f0060883_40558.jpg

約20日目
f0060883_403865.jpg

約1ヶ月
f0060883_41747.jpg



糖とアルコールの浸透圧で、梅が沈んでくる。
色もあめ色に。


『 さわやか梅通信 』 backnumber



by miyua-moi | 2006-06-26 00:00 | 保存食友の会
スコット・フィツジェラルド
f0060883_2384767.jpg
この人の言葉には、心をわしづかみされる。
春樹も敬愛する、スコット・フィツジェラルド

フィツジェラルドの作品は不思議。
『 グレート・ギャツビー 』は村上春樹(正確にはノルウェイの森の「僕」)が言うように、
1度読んだだけでは、全くよさが分からなかった。
けれど2度目で、胸に迫ってくる強烈な感覚を経験し、
フィツジェラルド個人を知ることで、深く寄り添う感覚に変わる。
彼の作品を読むには、彼個人の半生も追っておく必要があるかもしれない。
深く深く入っていける。

私は、そんなスコットの奥さん ゼルダに強く惹かれます。
華やかで、危うくて、もろくて、哀しいゼルダ。
彼女も文章を書いていたので、いつか読めたらいいな。
いつか。。。(参照。高いんです…)
スコットの作品は短編が比較的好きです。
『 リッチボーイ 』とか。
そんなわけで短編集。



by miyua-moi | 2006-06-23 02:42 | book
ポンヌフの恋人
“ゴダールの再来”とまで言われる
フランス映画の「恐ろしい子供」 レオス・カラックス

カラックス作品の
独特の疾走感と、静寂、
湿りけを帯びた空気と、乾いた空気が共存するところ、が好き。
ただ、鬱々としてるから観たい時期に波があるけど。


初めて観たのは

 『ポンヌフの恋人』f0060883_21363057.jpg
孤独なアレックスと、失明の危機にある画学生の鮮烈な恋。

圧倒された。
痛いというか、目に焼きつくというか。
まっさらなままでも うつくしいものって、妙に哀しく、はかなくなる。

そう思ってたら、高山なおみさんが
「帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。」の中で、
似たようなことを書いていた。
“きれいすぎるものが、純粋すぎる魂が、この世に生きていることが哀しい。”
そしてフィッシュマンズ佐藤くんのことを思い出した。

この映画は、鮮やかさと疾走感とはかなさが、詩人ランボーを思わせるなぁと思った。
音楽もいい、チェロの音にはやられます。
ジュリエット・ビノシュも、かわいい。
by miyua-moi | 2006-06-18 21:37 | film
さわやか梅通信 (2006.06.16)
そうそう。
梅シロップ

すっかりアップを忘れてたけれど、とっくに完成しました。

最終段階のようす。
f0060883_1413639.jpg10日目。
熟成終了。
中身を、梅の実とシロップに分けて、
梅の実は、そのままタッパーに入れ、冷蔵庫。
シロップは鍋で加熱殺菌し、こして冷ます。


f0060883_143012.jpg梅シロップ完成。
1.5ℓくらい抽出。
しかしちょっと甘いです。
シロップだし当たり前だけど。
梅の風味より、お砂糖のわざとらしさが勝っている感じ。
なので、お酢をブレンド。
おいしい飲み方も発見しました。
梅シロップ×烏龍茶です。
すごくさっぱりして好きな味。


そして。
f0060883_1491379.jpg梅の実。
(シロップ漬け)
これが、すんごいおいしい!
相方と二人で、そのままカリカリポリポリ。
競り合いながらカリカリポリポリ。やみつき。
梅ジャム作りの前に無くなりました。
今回一番のヒット。
見た目は悪いけど、しょうがない。


というわけで。
梅仕事、楽しいです。
梅への語りかけ、ストーカーさながらの観察行為は日常茶飯事です。
次回は梅酒の様子をお送りします。


『 さわやか梅通信 』 backnumberはこちら。



by miyua-moi | 2006-06-16 14:26 | 保存食友の会
V∞REDOMS / ゆらゆら帝国 @日比谷野音
f0060883_1435226.jpgあいにくの雨。
でも行ってきました。ボア&ゆらゆら!
もう、しびれました。
圧巻です。

ボアダムスはドラムス3人の大迫力ドラミング。
ナマ音であれって、すごすぎ。かっこいいのなんの!
もう何ともいえないすごさ。興奮。
ヨシミちゃんもよかった。
踊ったー。。。

ゆらゆら帝国も初めてライブ聴いたけど、めちゃかっこいい!
周りはみんな、ゆらゆらのライブの中でも最高、と言ってました。
ライブはいいな。やっぱ。
雨が、赤や青の照明を反射させて、最高にゆらゆらしてました。

朝まで飲んで帰宅です。
音楽やってる人たちの話をヒトゴトみたいに聞いてるの、すごい好き。
いろんな音楽観が交錯して。
by miyua-moi | 2006-06-12 14:38 | music
icy demons - tears of a clone
f0060883_0242639.jpg
最近のお気に入り。

生楽器とエレクトロニクスを融合した、
ジャズ、サイケ、アフロ、電子音楽ありなノスタルジック・ロック。 
シカゴとフィラデルフィアを中心に活動する6人組バンドのセカンド。

発売レーベル主催者スコット・ヘレン(Prefuse73)もライブでぶっ飛んだという話。
クッキーシーンの付録に入ってたのを聴いて、これは無視できませんでした。
(付録ってなつかしい響きです。)
シカゴのポスト・ロック臭がしましたもん。
それもそのはずだぁ。
メンバーのグリフィンは、もともとHimやBablicon(Elephant6)のメンバー。
どおりで、ところどころにHimっぽさがあったわけです。

Elephant6のけだるいサイケ感もあり。
心地よーい感じ。エンドレスで聴けます。
スコット・ヘレンが「ぶっ飛んだ」ライブというのが気になります。

ライナー・ノーツはafter hoursの大漉高行氏。

f0060883_0251164.jpg



●listen



あららオフィシャルサイトも、かわいいよ。。 →→→



by miyua-moi | 2006-06-08 00:30 | music
Josef Sudek

プラハの詩人と呼ばれる、大好きな写真家。
Josef Sudek(ヨセフ・スデク1896-1976)
f0060883_9584549.jpg

この人の写真はとにかく、光。
光がすごく上質。
そして、影も上質。
あと、黄ばんだ紙が似合う質感。
シュールレアリズム的な一面もあって、
他のチェコの写真家も気になる今日この頃。

最近の気になりワードは
「ドイツ」「チェコ」「ユダヤ人」。

「夜と霧」を読んだからだろうか。




by miyua-moi | 2006-06-06 09:03 | art/photo
Boards of Canada - Dayvan Cowboy
f0060883_039222.gifBoards of Canada

言わずもがな。
のサウンドスケープ。
去年もっぱら聴きました。

スコットランドに暮らすマイク・サンディソンと
マーカス・イオンによる音響創作ユニット。

流行る、ちょっと前かな、
友達に「いーよ!」て言われて
聴いたのが最初。

滲んでいくような音。切ないギター。
どこか懐かしく、はかなげで、淡く、けだるく、壮大。
重力に逆らっている感覚になる。


Dayvan Cowboy”大好きです。
f0060883_0395071.jpg
PVがスバラシイ。
時々、ムショーに見たくなります。
music video (地平線の果てまで飛んでいってしまってください)
YouTubeの同じ動画

ちょっとシューゲイザーっぽく聴こえるよね。
来日とかしないのかなぁ。Nathan Fakeは今来てるのに。。長野に。→taicoclub

ところで、フジロックのタイムテーブル発表されてますね。
うきうき。



by miyua-moi | 2006-06-04 00:44 | music
さわやか梅通信 (2006.06.03)
梅酒も漬けてみました。
初めてなので、一味違うお酒や、アルコール度数が低めのお酒はやめて、
スタンダードな35度ホワイトリカーを使用。

ところでホワイトリカーとは何かしら。
と思い、Google。

『ホワイトリカーとは甲類焼酎に位置し、味に癖がない無味、無臭のエチルアルコール。』

だそうです。
だから果実酒向きなのね。

分量◇青梅 1㎏
   ◇氷砂糖 550g
   ◇ホワイトリカー 1.8ℓ

こんな感じでやってみました。
f0060883_162612100.jpg1日目

f0060883_1627954.jpg3日目

まだまだ。
あと1年は待ちます。


『 さわやか梅通信 』 backnumberはこちら。



by miyua-moi | 2006-06-03 16:33 | 保存食友の会