タグ:music ( 30 ) タグの人気記事
Takagi Masakatsu - Girls
f0060883_1014446.jpg自ら制作するカラフルな独特の映像と
やはり自ら制作する音楽との「融合」により
成り立つアーティスト、高木正勝

高木正勝は高木正勝、という、
よくも悪くも独立したイメージ。

彼の作品で好きな、
いわゆる「融合」といえば、
『 Girls 』という楽曲。

何かのCM曲でしたね。
アルバム「COIEDA」収録曲。



ピアノと女の子の、無邪気ではかなげな空気が
映像と音でうまくシンクロするのです。
ぼーっと眺めていると、ため息が出てきてしまう愛らしさ。






映像YouTube

[PR]
by miyua-moi | 2006-10-23 08:32 | music
音楽的抽象画
   - jazz 編 -
f0060883_2249974.jpg
f0060883_22493363.jpg
f0060883_22482488.jpg
f0060883_2248493.jpg

私のiTunesには、
プレイリストにお気に入りジャズ曲のリストがあります。
それを聴きながらのラクガキ...
誰かさんのマネをして「音楽的抽象画」と名づけてしまいました。

これが私のジャズのイメージ...
でしょうか...?

[PR]
by miyua-moi | 2006-10-15 23:07 | draw/make
Spencer Doran - Puzzles

f0060883_12223164.jpg
新譜でますね。
Spencer Doran  ( 例の乙女記事の… )

やっぱり鮮やか。
“ 万華鏡ビート・コレクション ” 
だって。ウマイコト言ってます。。

"Puzzles" 10月7日release.
f0060883_12251920.jpg


→→listenlisten●●



[PR]
by miyua-moi | 2006-09-17 12:14 | music
Maurice Ravel - jeux d'eau
f0060883_10171518.jpg
今日はクラシック。
私はジャンルに問わず「水」にまつわる音楽が好きなようで。
特にピアノ曲。

ラヴェル (1875-1937) 『 水の戯れ 』   ●●●

酔いしれます。ピアノの音が水の粒子として目に見える。
のだめ(カンタービレ)曰く、のだめの弾く『 水の戯れ 』は「プランクトン多め」らしく
なんじゃい、それ。って感じだけど聴いてみたい。。。
Wikipedia によると、“『 水の戯れ 』が音楽の分野におけるフランス印象派主義の幕開けとなった作品”
との主張もあるらしく、私は絵画での「印象派」しか知らないけれど、「光」「粒子」という共通点は納得。
同じくラヴェル 『 亡き王女のためのパヴァーヌ 』は泣ける‥ ●●
ジャケはラヴェル:ピアノ作品全集。


グールドの弾くバッハやブラームスも好きだなぁ。

クラシックに関してはミーハーであります。


[PR]
by miyua-moi | 2006-08-31 09:55 | music
once we were - winter kept us warm
f0060883_825565.jpg



once we were
というバンドのデビューEP。


寒い北欧っぽいポストロック。
アートワークが洗練されたヨーロピエンな雰囲気。
なんか昔聴いてたイタリアやフランスのラウンジミュージックのジャケみたいだな。
スウェーデンのポストロック・レーベルtenderversion recordingから。

ガルシアさん曰く「無機質なリズム隊と風景が思い浮かばれるギター、透明感のあるアレンジ」。
ホントそのまんま。個人的にはミニマルなギターがツボ。


PVも観られるんだけど、このPV好きだなぁ。→●●
[PR]
by miyua-moi | 2006-08-11 08:40 | music
Last.fm × excite
怒ってます。

f0060883_12492010.jpgf0060883_12494096.jpgf0060883_1249552.jpgf0060883_130280.jpgf0060883_1301684.jpgf0060883_13212257.jpg

Last.fm日本版が始まったようです。。。

今朝から日本版サービスに切り替わっているけど、、、
見たところ、

 ・ラジオがない。
 ・ユーザーのNeighbour Radio等もない。
 ・アーティストの各Radio機能もない。
 ・30秒間の試聴も不可。
 ・アーティストページの写真やコメントが表示されない。
 ・日/英 切り替えボタンがあるのに今効かない。
 ・なんか日本語がカタコト。

むむむー。怒
仕方なくブラウザの方で表示サイトの優先言語を英語にして、英語版を使えるようにしました。。
当分、日本版を使うことはないでしょう。
[PR]
by miyua-moi | 2006-07-25 11:32 | music
Hanne Hukkelberg - A Cheater’s Armoury
f0060883_13291395.gif
ノルウェイのHanne Hukkelberg
私の好きな、生楽器を使いつつもエレクトロニカな女性アーティストです。
個人的に、ノルウェイのエレクトロニカは少しjazzyで冬の寒々したイメージがある。厳かというか。
彼女もそんな雰囲気を残しつつ、繊細でポップな遊び心も存在する、多彩さ。

f0060883_133666.jpg

私はこのLittle Things が大好きなのだけど、
9月には新譜がでるみたい。

新曲「 A Cheater’s Armoury 」が映像で観れます。→→
ちょっとキャッチー?
[PR]
by miyua-moi | 2006-07-23 12:14 | music
Last.fm
f0060883_112799.gif


Last.fm やってます。

記事を書くにあたって、Last.fmとは何ぞやを説明したいんだけど
説明の仕方がいまいち分からず。
簡単に言うならば……、自分の好きな曲だけ聴けるラジオです。
好きなアルバムや曲を登録したり、iTunesで好きな曲を聴いているうちに
自分のプロファイルが勝手にできあがる。
で、聴いているうちに、好きなアーティストに嗜好の近いアーティストも
勝手にピックアップしてくれて聴くこともできる。等々。。

これが私のページ。→→

英語なので少し手こずりましたが、isaさんのおかげもあり、無事使えるように。。
右サイドバーにも何やら貼り付けてみました。
新しい発見があったりと、なかなか楽しい。
しかし、まだ未知な感じ。。
どんどんたくさん聴こうっと。


[PR]
by miyua-moi | 2006-07-21 10:51 | music
ulrich schnauss - far away trains passing by
f0060883_1144248.jpg



○listen

やっぱり、いいな。
Ulrich Schnauss
ウルリッヒ・シュナウス
ドリーミィなんだけど、ビートがちゃんとしてて、ホントにジャケそのまんまの音だな~と思った。
暑い日の午後とかに無性に聴きたくなるのです。

これを聴いててなんとなく思い出したのがAlbum Leaf
9月に新譜が出るんだった。
忘れてた。
(→→Myspace)



[PR]
by miyua-moi | 2006-07-13 10:24 | music
Eric Dolphy - OUT TO LUNCH
f0060883_3172192.jpgフリージャズ、即興つながりで。
Eric Dolphy (エリック・ドルフィー)
私がジャズマンの中で一番好きなマルチ・リード奏者。
演奏する楽器は、alto sax、flute、bass clarinet。
その中でもドルフィーのalto saxが好き。
自らをすり減らすような音に、ごつごつした感触。
どこへ飛んでいくのか全く予想がつかないアドリブ。
張りつめた音が迫ってくる。
逆にfluteはきれいで繊細。
でもalto saxの音の“居心地の悪さ”を時々求めてしまう。


f0060883_3133651.jpg

Out to Lunch
有名盤。ブルーノートより。
1曲目「Hat and Beard」はセロニアス・モンクのこと。
初めて聴いたときは衝撃だった。今もだけど。
トニー・ウィリアムスのdrがいい。


f0060883_314064.jpg
at the Five Spot, Vol. 1
音と空気の絡み合いが最高。
うねうねしてる。
フリージャズというより60年代っぽいところある気がする。
聴きやすさの意味で。
 
f0060883_3142097.jpg
Last Date
亡くなる一月前のレコーディング。
地味。と思った、最初は。
でも聴けば聴くほど私の中で格が上がっていった。
特にfluteの演奏が大好き。
最後に肉声入り。
言っている言葉は「音楽は空(くう)に消え、二度と捉えることはできない」。

f0060883_3144676.jpg


Out There
村上春樹はこれが気になるらしい。
(~by『ポートレイト・イン・ジャズ 』)


[PR]
by miyua-moi | 2006-07-08 03:29 | music