カテゴリ:art/photo( 28 )
川内倫子展 照度 あめつち 影を見る - 東京都写真美術館



f0060883_8391714.jpg



遡ること
2012年7月5日の日記


眠りにつくまでの間、今日みた「川内倫子展」の映像の断片が脳裏にゆらゆら。
水面(みなも)が光を集めれば集めるほど、記憶の含有量も増えるみたいで、
光のシャワーを思い出しては胸がきゅーっとなり、うるっとしてる。

深呼吸のような展示だった。

記憶の引き出しをたくさん開けてもらって、空気を入れ換えさらに日干ししてもらった気分。
倫子さんのもつ寡黙な説得力は、自分の記憶にも説得力、というより肯定感を与えてくれた。
自分のなかにもあんな世界があるんだと。


今もこのきらきら、覚えてる。
[PR]
by miyua-moi | 2013-02-14 08:22 | art/photo
さわひらき展@SHISEIDO GALLARY
f0060883_23114128.jpg




なんだかとてもドキドキした。
自分の皮膚に糸を通されるような。
[PR]
by miyua-moi | 2012-06-28 23:11 | art/photo
88888
 


f0060883_14172618.jpg



なんかうれしい...

more
[PR]
by miyua-moi | 2012-05-24 19:00 | art/photo
靉嘔 展 ほか



もう3月なのですね
そんなわけで1月・2月に行った展示の記録を残しておこうと思います。

f0060883_1953728.jpg




靉嘔 ふたたび虹のかなたに / 東京都現代美術館

オノ・ヨーコの紹介でフルクサスのメンバーでもあった日本人、靉嘔さんの回顧展。
とってもよかった!
わたし、基本はアウトサイダーアートとか引きこもり系アートがしっくり来るのですが、
靉嘔展はあらためて現代アートの拓けた空気と、
すこーんとした爽快感を体感できて、元気と創作への意欲をもらいました。
決して気難しくなることなく、
明け透けで楽天的で柔軟で、
人好きのする彼の性格が反映されているのか、
前衛と親密さが絶妙にバランスよく歩み寄っていました。
あとはやっぱり「フルクサス」というフィルターを通ったセンスが好きだ。

もういちど行きたい。


ジャクソン・ポロック展 / 東京都近代美術館

楽しみにしていたポロック展
アメリカ抽象画の巨匠は思った以上に老若男女、人がいました。
つまりは、混んでて見にくかった。
全盛期の作品は迫力があって、ずっと見ていられるくらいだけど、
展示は年代順で、しかも彼の晩年が晩年だけに、
後味があまりよくない展示だったかな。
あと宣伝で謳いすぎだと思う。いろいろ。
この間見た難波田史男さんの絵がクラシックならば、
ポロックはなんだかラッパ系のフリージャズを聴いてるみたいな感覚でした。



オノ・ヨーコ「おぼえてて」 / gallery360℃

ヨーコさんは、展示そのものというよりDMがいつもかわいい。かっこいい。
初期のヨーコさんが好きだ。


Bill Graham presents FILLMORE & AVARON POSTER / 原宿VACANT

こんな絵が描きたい


「ホンマタカシ その森の子供」 / 代々木blind gallery

好きな、きの子シリーズ。
お気に入りきのこを見つけた


「難波田史男の15年」 / 東京オペラシティアートギャラリー


タケミツ関連でこの人を知ってから、ぜひ近くで絵を見てみたかったのです。
いざ絵を目前にするとシンパシーを感じる部分が多くて、有意義な展示だった。
線描の時期の、あの線には憧れさえ抱く。
綿密で繊細な線と、縦横無尽にじんだ色彩と、
太陽や水やカオナシのような架空の生物のようなものなどのモチーフと、
そして、まっさらな空白の部分。
それらが、空間に心地いいリズムを与えている。
やっぱり音楽みたいな作品ばかりでした。

ちなみに、これは若き難波田史男のことば。
[PR]
by miyua-moi | 2012-03-04 02:40 | art/photo
ジョン・ルーリー ドローイング展

*
f0060883_1294435.jpg
“This is What I Really Call A Message”


音色のように
即興的で 縦横無尽
ジョン・ルーリーにとって 
呼吸 = ドローイング なのだな

ここにくると わたしはいつも 強くおもう
わたしだって 自由になりたい と
ただし そうするには 恐怖と訣別をともなうから
うかつには いかない

思考→→→言語 の変換の途中にある
つかみどころのないものが そこには在る

ワタリウム美術館にて



[PR]
by miyua-moi | 2010-05-19 02:25 | art/photo
「 FINDING HOME 」 - 百音




f0060883_2351980.jpg







こないだの百音の展示がとてもよかった。
透明で平面的なのに奥行きのあるポートレイト。
[PR]
by miyua-moi | 2009-01-31 22:30 | art/photo
無機質な


f0060883_2114967.jpg

有機物


photo by k2

[PR]
by miyua-moi | 2008-08-04 02:20 | art/photo
ému,e 1st anniversary展


f0060883_23463065.jpg
友達のオーダーメイド帽子屋さんと、沙絵ちゃんのコラボに
少し参加しました。
(私はお菓子の提供+針仕事。)
f0060883_2347435.jpg

とっても幸福なイベントになりました。
あの場に居れてよかった。
写真を転写した布で作った帽子がかわゆい。



ému,e(エミュ)
世田谷区太子堂5-13−1−1F(三軒茶屋)
03−6413−6127

[PR]
by miyua-moi | 2008-07-06 00:17 | art/photo
Robert Frank “Lines of My Hand”


f0060883_13421181.jpg

ロバート・フランクの私小説風写真集。
ほしい。と、思ったら絶版でした...
[PR]
by miyua-moi | 2007-03-06 13:52 | art/photo
理想のロボット


f0060883_10303272.jpg


を探索して歩いていたら、てっぺんでこんなものに遭遇しました。
沈む夕日と小さい月がとてもお似合いでした。
[PR]
by miyua-moi | 2007-02-12 10:35 | art/photo