青い大理石の映画


f0060883_1284334.jpg



「起きるの」 と彼女はいった。
目の青さは夢遊病者いろ。
「ベッドに戻りなさい」 とわたしはいった。
「どうして?」 片ほうのブロンドの足を床に置いて、
すでに半分はベッドを出ていた彼女がいった。
「どうしてって、きみはまだ眠っているからだよ」 とわたしがいった。
「そお・・・・・・じゃ、いいわ」 と彼女はいった。
わたしの言葉に納得すると、彼女はベッドに戻り毛布にくるまって、
わたしにじっとよりそうようにした。
それからはもう一言もいわず、身動きもしなかった。

ブローティガン 『芝生の復讐』 より

[PR]
by miyua-moi | 2009-04-21 01:43 | book
<< ワインが飲みたくなったとき 苺の砂糖漬け >>